腸内環境は美容と健康を守る?理想的な腸内フローラの育て方

腸内環境は美容と健康を守る?理想的な腸内フローラの育て方

最近、なんだか便秘気味、風邪を引きやすくなった、メイクノリが悪く肌のコンディションも悪い、疲れやすくストレスを溜めているなどの悩みはありませんか。

実は、それは腸内環境の悪化が原因かもしれません。体に不調があるなと少しでも感じた場合は、腸内環境のリズムが狂いだしている可能性があります。

これをそのまま放置してしまうと、美容の天敵を生み出して病気に繋がることもあります。そのため、日常から胃腸内部のケアをすることが大切です。

ここでは、人間の胃腸の中にある菌の働きや腸内環境のケア方法、理想的な腸内フローラの育て方などについて紹介します。

ぜひ、美容や健康のサポートとして参考にご覧ください。

 

腸内環境は人の体のバランスを整える

疲れやすいと感じたり、体が重いと感じたりした時は、ただ単に体を休ませるだけでなく、胃腸のことも考える必要があります。

良い腸内環境とは、消化吸収がしっかりとできていて、病原体から体を守る免疫機能がしっかりと働いていることを指します。

人間の腸には、約100種類以上、約100兆~1000兆個もの腸内細菌が棲んでおり、それを腸内フローラと呼びます。実は体を風邪などから守る免疫機能の約6割が大腸に集中していると言われているため、腸内環境と健康的な生活は切っても切り離せないほど、密に繋がっていて、大切な存在だと言えるのです。

 

腸内環境悪化のサイン

ここでは、腸内環境悪化のサインについて紹介します。

 

・便秘やガス溜まり

ストレスや緊張感を習慣的に感じることで、デリケートな腸はダメージを感じてしまい、本来の働きが鈍ってしまいます。そのため、便が正常に排泄されず、体内に残ってしまい、便秘になったり、ガスが溜まったりしてしまいます。

 

・ニキビなどの肌トラブルや肌のカサつき

精神的に感じたストレスは体にも影響を与えます。特に腸が働かずに老廃物を体内にため込んでしまうと、老廃物から毒素が出てしまいます。この毒素は血液に乗って体をめぐり、皮膚に出るとニキビや肌荒れの原因になってしまうのです。

 

・自律神経が悪化する

腸内環境の乱れは、自立神経の悪化に繋がってしまいます。体の不調によってストレスが溜まると、気力の低下や免疫力の低下などを引き起こし、風邪などの病気になることが増えると言われています。

 

悪玉菌が増えると腸内環境が悪化する

腸内に棲む菌は、善玉菌と悪玉菌、日和見菌の3種類の菌が存在しています。通常、腸内環境が整っている状態では、善玉菌が優勢に働いている状態のため、免疫機能も正常で元気な体ですが、生活習慣などによって悪玉菌が体内で増加してしまうと、免疫が低下したり、消化吸収ができずに老廃物が体内に残ってしまったりと、体にとって良くないことが起こってしまいます。このように悪玉菌と呼ばれる腸内環境を悪化させる菌が優勢になると、精神的にも悪影響を及ぼすと言われています。

 

美容と健康をサポートする腸内フローラ

ここからは美容や健康を維持するための腸内フローラについて紹介します。まずは、しかりと腸内フローラを知り、整えるようにしましょう。

 

腸内フローラって何?

今や一般的に知られるようになってきた「腸内フローラ」ですが、これは一体どのようなものなのでしょうか。

腸内フローラとは、人の腸に生息する約100種類、100兆~1000兆個の細菌がグループになってお花畑(flora)に見えることを言います。

この大きな特徴は、人の生活習慣や食事、人種、年齢などによって数や見え方が大きく変化するという点です。

 

腸内フローラを育てる食材と習慣

腸内フローラは、食生活や習慣で理想的なものに育てることができます。腸内フローラを育てる上で大切なのは、正しい栄養と食習慣です。まず、腸内環境を整える腸内フローラの一番の栄養になるのは、食物繊維だと言われています。食物繊維は人の体内で消化されない難消化成分と呼ばれるもので、体外にすぐ排出されます。便秘を解消するためには日々摂取するように心がける必要があります。

特に便通を良くしたり、腸に刺激を与えたりするのが、さつまいもやこんにゃく、とうもろこし、ゴボウなどです。食物繊維は糖の吸収を緩やかにして血糖値の上昇を抑えます。

また、食物繊維以外にも乳酸菌やオリゴ糖なども腸内フローラを育てる上では大切な栄養素だと言えます。

よく噛んで食べる、毎日の食事に野菜や海藻、豆類をプラスするのも腸内フローラを育てる上で大切です。

 

腸内環境を整えることのメリットとは

腸内環境を整えることで、代謝が良くなりダイエットに繋がります。腸が活発に動き出すことで、食べ物の消化や栄養素の吸収をスムーズに行うことができるため、痩せやすい体を作ることができます。

腸内環境が改善されると、腸に溜まった老廃物が毒素を排出して、それによってできてしまうニキビなどの肌トラブルが改善されると言われています。

また、腸は免疫力にも関係していることから、病原体から体を守る機能が向上し、感染予防や風邪予防にも繋がります。また、小腸からくる花粉症やアトピーといったアレルギー症状も緩和する力があると言われています。

腸内環境が整うと、ストレスの軽減にもつながると言われています。善玉菌を増やすことで、小腸にセロトニンと呼ばれるホルモンが生成されるため、リラックス効果や落ち着きの効果も生まれると言われています。ただし、胃腸はストレスによるダメージも大きく受けてしまうことから、ストレスはなるべく溜めないように気を付ける必要があります。

 

体内で活躍する機能性栄養素とは?

ここでは、腸内環境を改善、または強化するためにオススメの機能性栄養素を紹介します。腸内環境をサポートする食品を選ぶ際には、ぜひチェックして、積極的に取り入れるように心がけましょう。

 

ビフィズス菌類

善玉菌の中でもよく耳にするのが「ビフィズス菌」です。ビフィズス菌と言っても「BB536」や「M-16V」「B-3」など様々な種類があり、働きも異なります。これらビフィズス菌の主な特徴としては、免疫力を強くして肥満を解消し、太りにくい体を作ることや、腸まで生き残る菌という大きな特徴があります。

人間の体内にもともと存在している菌ですが、さらに強化するためにも毎日の食事から積極的に摂取するように心がけましょう。

 

ラクチュロース

ミルクなどの乳頭を原料に作られるオリゴ糖のことを「ラクチュロース」と言います。ラクチュロースは主にビフィズス菌の吸収を助けて、善玉菌を増加させる働きを持つ栄養素で、適度に腸を刺激することから便秘の解消にも多いに役立つと言われています。食品の中ではピーナッツに多く含まれています。

 

アロエステロール

アロエステロールは、女性に嬉しい美肌と脂肪燃焼の効果を持つ機能性栄養素です。腸の吸収力や栄養素を分解して、消化する力が活発になることから脂肪を燃えやすくして、肌の潤いやハリが増す「食べて美しくなる効果」が働きます。

アロエステロールは、その名の通り、アロエに多く含まれていることから、ヨーグルトなどと組み合わせて食べる習慣を付けるのがおすすめです。

 

まとめ

腸内環境を整えることは、肌や免疫、ストレス軽減など、心身ともに良い影響を与えてくれます。少しでも体調がおかしいなと思ったら、まずは体調不良だと安易に考える前に、毎日の生活習慣と胃腸の調子を見直してみるのも良いでしょう。腸は、ダイエットや美容、健康に欠かすことのできない大切な臓器です。普段から少しずつビフィズス菌などの善玉菌を取り入れて、腸活を行ってみてはいかがでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です