眉間のシワは人相を悪くする!眉間のシワの予防・改善策とは?

眉間のシワは人相を悪くする!眉間のシワの予防・改善策とは?

眉間のシワは、人相学的に見ると悪相と言われており、対人的に見ても、美容的に見てもできれば作りたくないシワです。

細かいものを見たり、遠くのものを見たりする時に、つい寄せてしまう眉間は、シワができやすい部分。眉間のシワがクセになってしまうと、普通の顔をしているつもりでも険しい顔になってしまい、見た目が怖く見えたり、老けて見えたりと良いことがありません。

そんな眉間のシワができてしあった時は、どうすれば改善することができるのでしょうか。ここでは眉間のシワの改善策や、日常的にできる予防包を紹介します。

 

眉間のシワの原因とは?

シワができる原因

そもそもシワがどのようにしてできるのでしょうか。

その主な原因は、表情シワと言われる表情のクセや、寝る時にうつ伏せや横向きになっている、肌が乾燥している、コラーゲンが不足しているなど様々な原因が挙げられます。

これらの原因は、眉間のシワだけでなく、顔全体のシワに対して言えるものです。眉間のシワに多い原因としては、表情のクセが代表的です。本来、眉間は乾燥しにくい部分であり、また摩擦も起こりにくい部分のため、普通の生活の中で眉間にシワができてしまうのは、ほとんどが表情によるものと言われています。つまり、表情のクセを改善するだけで、眉間のシワを予防することができるといえるのです。

 

眉間のシワができる表情のクセ

眉間のシワの原因となってしまう表情のクセには、下記のようなものがあります。挙げている例を見て、思い当たる項目のある場合は注意しましょう。

・視力が悪く、遠いところを見る際は目を細めてみるクセがある

・目を瞑るときにや寝る時に、目元に力が入っているように感じる

・毎日長時間パソコンを使用する

・ドライアイで目薬が手放せない

・考え事をする際に、眉間にシワを寄せてしまう

・慢性的な目の疲れがある

・寝る時に横を向いて寝るクセがある

 

上記のような場面は、眉間のシワが作られやすい状態にあります。特にドライアイやパソコン作業の多い方は、自分でも気づかない間に眉間にシワが寄ってしまっている可能性が高いため、注意が必要です。

 

眉間のシワを改善するために

マッサージでシワケア

眉間のシワができてしまう原因はわかりましたが、ここでは、できてしまった眉間のシワに対しての対処方法を紹介します。まずは、マッサージによるケアの仕方です。

<マッサージによるシワケアのやり方>

・眉間にできたシワに対して、シワを伸ばすように優しい力加減でマッサージを行います。縦ジワの場合は、横方向に伸ばします。

・眉間周りや目元、額、こめかみの部分の筋肉もマッサージします。

・最後に頭をほぐします。特に後頭部の筋肉は額や眉間と繋がっているため効果的です。

 

マッサージによるケアは、いつでも手軽に行うことができる上、直接シワを伸ばすことができるのでダイレクトな効果が見込めます。

しかし即効性があるわけではないため、日常に継続して取り入れるようにしましょう。

 

テープを使ってシワを伸ばす

医療用のテープ「サージカルテープ」を活用して、シワを伸ばすのもダイレクトにシワの働きかける方法としておすすめです。

まず、洗顔後いつもと同じスキンケアを行います。その後、潤った肌にシワを伸ばしながらサージカルテープを張ります。テープを張ったまま眠り、翌朝はがすだけという非常に簡単で、原始的な方法ですが、この方法のメリットは寝ている間に眉間にシワができるのを避けることができるというメリットがあります。横向きに寝たり、寝ている間に表情筋に力が入ったりしていると、睡眠中にも関わらず、眉間のシワができるリスクがあるのです。シワを伸ばして改善するだけでなく、予防することもできるため、比較的即効性を見込むことができるケア方法だといえます。

 

化粧品によるシワケア方法

シワケアで一番に思い浮かぶのは、化粧品によるお手入れです。保湿力の高い化粧品やエイジングケアの効果がある化粧品は、シワ対策をするためにもオススメで、多くの方が利用しているといえます。シワケアに効果的とされている「ホホバオイル」や「オリーブオイル」「アルガンオイル」「レチノール」「ビタミンC誘導体」などの成分が配合されている化粧品は、保湿、バリア効果が高く、肌の土台になるコラーゲンを増やす働きをしてくれるため、シワに対して効果が高いとされています。

また、アイクリームや持ち歩けるフェイスミストによるケアも、眉間の乾燥予防に効果的だといわれています。

クリニックによるシワケア

確実にすぐにシワを何とかしたい場合は、美容クリニックによるボトックス注射やヒアルロン酸注入が効果的です。

シワは放置してしまうと深刻化し、肌の奥の真皮層にまで到達してしまいます。ここまで到達してしまうとセルフケアではなかなか改善することが難しくなります。

そのため、どんなケアをしても改善しない場合や、シワが深くなっている場合であれば、クリニックの力を借りるのが最も効果的だといえます。

ボトックス注射とは、筋肉の収縮を抑制してシワをできにくくする手段のことを言います。この注射は表情ジワに効果的だといわれています。

ヒアルロン酸注入とは、保水力の非常に高いヒアルロン酸を注入して、肌にハリを作ることでシワを伸ばす方法です。

こういった治療は約6ヶ月~1年の効果が持続するといわれています。価格は数千円~数万円で設定されており、クリニックによってその設定は異なります。

 

 

 

人相に影響するシワを作らないためには?

顔のエクササイズで表情筋を鍛える

眉間のシワは一度できてしまうとクセ付き、どんどんと深くなってしまいます。このシワを予防するためには、できるだけ日ごろから予防することが大切です。予防方法として効果的なのが、顔のエクササイズをして表情筋を鍛えることです。

表情筋を鍛える方法としては、まず目をぱっちりとまん丸に開けます。そして目線を上に向け、舌を下に向かって出します。こうすることで、顔の筋肉が鍛えられて、眉間のシワができにくくなります。

 

肌負担を減らす

シワは肌への刺激や乾燥なども原因と言われています。それらを避けるためにも、洗顔時には肌をゴシゴシと擦らない、コットンによるスキンケアを行う際は、水分を十分に含ませて優しく行う、スキンケア後のパッティングは力を入れ過ぎない、外出の際は日焼け止めや日傘を用いて紫外線を避ける、寝る時はできるだけあおむけで寝る、スタイリング剤が顔につかないように気を付けるなどの点に注意しましょう。

これらは眉間のシワだけでなく、顔全体のシワなどのダメージに効果的のため、毎日の生活習慣の中で当てはまるものがある場合は速やかに改善するようにしましょう。

 

保湿をして肌のバリア機能を高める

シワの原因は乾燥にもあるため、肌をしっかりと潤わせることはシワの防止に繋がります。肌を潤わせる成分としては、プラセンタやセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸、スクワランなどがあります。これらの成分が配合されている化粧品を積極的に選ぶようにしましょう。また、これらの成分は保湿だけでなく、肌のハリや弾力にも効果的だといえます。

これらの保湿成分は化粧品だけでなく、サプリメントや食品からも摂取することができ、外側からのケアとしても役立ちます。

 

最後に

眉間のシワは表情のクセや肌のダメージなど様々な要因によってできてしまいます。一度できてしまうと、顔の印象を大きく変えてしまいます。できるだけシワができないように普段からシワができない生活を心がけるようにしましょう。

万が一シワができてしまった場合は、セルフケアやクリニックによるケアで対処できるため、あきらめることなく改善に励むようにしてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です