乾燥肌をキレイなツヤ肌に!改善方法と対策とは?

乾燥肌をキレイなツヤ肌に!改善方法と対策とは?

四季の中でも冬は特に乾燥する季節。肌のカサカサがどうしても気になってしまいます。しかし、最近ではエアコンなどの影響により季節に関係なく肌の乾燥を気にする女性が増えてきました。

肌が乾燥すると、メイク乗りが悪くなってしまったり、シワが増えたり、肌が突っ張った感じがしたり、ひどい場合は粉を吹いてしまったりと様々なトラブルに繋がります。肌の乾燥を招いてしまう原因は、普段のスキンケアだけでなく、普段の食生活や睡眠など、日常生活にも大きく関係することがわかっています。

ここでは、そんな肌乾燥の原因や、保湿方法、効果的なコスメの選び方などについて幅広く紹介します。肌の乾燥が気になる方や、肌の乾燥を予防したいという方は、ぜひ参考に最後までご覧ください。

 

肌が乾燥する原因とは

冬場は特に、いつもと同じケアをしているのに、いつの間にかどんどんと乾燥してしまうという方も多いのではないでしょうか。ここでは、主な肌乾燥の原因について紹介します。まずは原因をしっかりと知り、自分の肌に合った対策を行うようにしましょう。

 

原因①空気の乾燥

四季の中でも気温が最も低く、空気が乾燥する冬の季節は、皮膚の薄い肌の水分が外気に吸収されてしまうため、乾燥しやすくなってしまいます。いつもと同じ保湿ケアをしているつもりでも、口元がカサついてしまったり、血行が悪くなってしまったりと、肌トラブルだけでなく体にとっても良くないことが起こってしまうのです。季節的なものだと思ってケアを怠っていると、冬が過ぎても肌が元に戻らない場合があることから、注意が必要です。

 

原因②間違ったスキンケア方法

普段から保湿重視のスキンケアを行っている方でも、場合によっては間違ったスキンケア方法をしている可能性があります。

例えば顔を洗う際に熱いお湯で洗ってしまうと、肌にとって必要な皮脂も流れ落ちてしまい乾燥につながってしまうのです。そのため、洗顔の際はぬるま湯や水で洗うように心がけましょう。

また、タオルで顔を拭く際にゴシゴシとこすってしまうと、肌に摩擦が起こり肌トラブルの原因となってしまいます。顔は特に皮膚が薄くデリケートな部分です。洗顔後は優しく拭き取るようにしましょう。

 

原因③睡眠不足

人の肌は睡眠中に活発に活動すると言われています。そのため、睡眠不足は肌の活動を止めることに繋がります。肌の活動が止まると、肌が乾燥しやすくなり、肌トラブルに繋がってしまいます。

 

原因④栄養価の偏った食生活

肌は普段の食生活によって大きく左右します。普段の食生活で必要な栄養が不足してしまうと、自然と体が持っている保湿効果も激減してしまい、乾燥に繋がります。また、不規則な生活が続いてしまうと、代謝の低下を招き、ガサガサとした肌になりやすいとも言われています。

 

原因⑤ストレス

ストレスは体の美容にも大きく影響します。ストレスを感じるとホルモンのバランスが乱れてしまい、肌の水分量の低下につながると言われています。特にデリケートな皮膚の薄い肌には影響が出やすいことから、ストレスをためることによって、乾燥しやすい肌になってしまいます。

 

原因⑥角質ガサガサで水分が抜けやすくなってしまう

肌内部の基盤が弱ってしまうことで、一番外側になる「角質」がガサガサになってしまい、肌水分が大気中に抜けやすくなります。肌の乾燥は内部と外部の層が連動して乾燥肌を招くことから、外側だけでなく、内側からもケアすることが大切です。

 

乾燥肌に効果的な5つの保湿ケア方法

ここからは、毎日簡単にできる正しい乾燥対策について紹介します。

 

最大の保湿ケアは入浴後が重要!

乾燥には、保湿ケアが非常に大切です。肌になるべく負担をかけずに保湿を行うためには、入浴後が非常に重要と言われています。

入浴時、蒸気を全身に浴びた直後は肌の毛穴も全開となり、化粧水や保湿クリームが肌に浸透しやすい状態です。そのため、お風呂から出た直後に保湿ケアを行うことで、肌内部にまでしっかりと保湿成分を浸透させることができます。

また、肌の蒸気が蒸発する前に化粧水でしっかりと潤いを補給し、保湿クリームで上から蓋をすることが大切です。

 

全身の乾燥肌には「湯船にオイル」が効果的!

肌は顔だけでなく、全身乾燥してしまうもの。そんな全身の乾燥を防ぐために効果的なのが、湯船にオイルを入れることです。

オイルの中でもスクワランオイルという自然なオイルは、お風呂から上がったあとにスベスベとしているのにしっとりとした肌へと導いてくれます。ぬるぬるとしたのが苦手という方でも朝になればサラサラとしているのが特徴です。

また、全身入浴で注意することは、入浴時間です。乾燥がひどい場合は約5分を目安に短時間の入浴がおすすめです。長時間入浴してしまうと、体に必要な皮脂も流れてしまうため、乾燥に繋がってしまいます。

 

ビタミン、鉄分を補給する

肌の乾燥を防ぐためには、外部のケアだけでなく、食べ物などからしっかりと栄養素を摂取する内部のケアも重要になります。特に肌にとって必要不可欠なビタミンや鉄分を日ごろから摂取することで、肌乾燥の予防にも効果的です。

ビタミンは、ビタミンAやC、Eを積極的に摂取するようにしましょう。特にビタミンAは肌のアンチエイジングの元となる抗酸化作用を持ち、肌の老化を止めて若さを維持する働きがあると言われています。主にカボチャやトマト、鶏レバーやうなぎなどに多く含まれます。

ビタミンCはビタミンAと同じく抗酸化作用を持つため、肌細胞の老化を抑制する効果を持っています。肌の乾燥の原因になるシワを防ぐ働きもあります。主にブロッコリーやピーマン、いちご、キウイなどに多く含まれます。

ビタミンEは、血液のめぐりを良くする効果や体の代謝を上げて肌の血色を良くする働きを持っています。主にアーモンドやツナ、たらこなどに多く含まれます。

角質の排出に大切な鉄分は、肌の乾燥を作る原因のひとつである血流に関係します。鉄分には、貧血を予防したり、血液を作ったりする効果などがあり、乾燥肌対策のための栄養素のひとつとされています。主にレバーや納豆、しじみなどに多く含まれます。

 

空気の乾燥に注意

意外と見落としてしまうのが、暖房などによる空気の乾燥です。寒い冬は暖房をつけて室内を温めますが、実はこれは空気の乾燥を引き起こす原因となります。そのため、保湿クリームを塗ったり、保湿ケアをしたりしても、暖房がずっとついた部屋にいることで、どんどんと肌は乾燥してしまいます。そのため、肌を乾燥から守るには加湿することが大切です。加湿器が家にない場合は、濡れタオルを部屋にかけたり、洗濯を部屋干ししたり、平べったい容器に水をためておいたりするだけでも加湿の効果が発揮されます。

 

自分に合った寝具や枕・肌着を選ぶ

肌の乾燥は着ている肌着や枕、寝具など肌に直接触れるものによっても起こってしまいます。そのため、肌がチクチクとしてしまうような衣類は乾燥を引き起こし、かゆみなどの原因になるため、注意が必要です。

特に乾燥が気になる場合には、ウールやナイロンを避けて、木綿製の製品を選ぶようにしましょう。肌に優しくチクチクとした不快感を避けることができます。

 

乾燥対策に強いコスメ選び

肌の乾燥対策と同様に、化粧品の成分でも肌を強くする効果を持つものがあります。ぜひこれを機に、今使用しているコスメの成分を見直す機会にしてみてはいかがでしょうか。

 

クレンジング剤はクリームタイプorミルクタイプがオススメ

肌の乾燥に大切なのは、メイクをしっかりと落として毛穴の詰まりをなくすクレンジングが重要と言われています。クレンジングと一言で言っても、ジェル状やオイルタイプなど様々な種類がありますが、乾燥に良いのはクリームタイプやミルクタイプなど、よく伸びるタイプです。

また、セラミドやレチノールといった成分は、肌を刺激から守る役割を担っています。ワセリンや尿素が入った化粧水や保湿クリームは、肌に不足しがちな水分が豊富なことから、乾燥対策には不可欠と言われています。

 

まとめ

肌の乾燥は季節だけでなく、日常の生活習慣にも大きく影響しています。そのため、毎日の生活の中で乾燥の原因となっていることをしっかりと知り、自分に合った保湿や乾燥ケアを行うことが、季節関係ない潤い美肌へ近づく第一歩となるでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です